【旅ごはん|ソフィアの名前のないベーカリー】ペイストリーに麦芽発酵飲料で見られている

ブルガリアの首都ソフィアの中心は、
どこでも歩いて行ける、
歩けばすぐ着くといったサイズで、
緑も多いし、
気持ちがいい街並みです。

地元の人に教えてもらって、
ソフィアならではの朝ごはんを食べに。

白い壁に青い格子で、
デザイン的にいいんですが、
お店は共産時代からずっとあるのに、
名前がないんだって。

入ってみると、
明るい店内の奥のほうに、
カウンターがあって、
お客さんがいました。

店員さんは一人。
奥には調理場があって、
ペイストリーの焼けるいい香りが。

ペイストリーは2種類。
量り売りです。
他にはドリンクがあるだけとシンプル。

バニツァ

とっても薄いパイ生地「フィロ」を重ねて、
チーズやホウレンソウの具を巻いて棒状にして、
それをぐるぐる丸く巻いて焼いたのがバニツァ。

指で「このぐらい」と示したら、
店員さんが切ってくれます。

プレーンのチーズ入りと、
ほうれん草とチーズを。

アイリャンとボサ

飲み物の一つは、アイリャン。
ヨーグルトを水で割って、
塩を入れたヨーグルトドリンク。
スッキリ飲みやすい。
トルコで「アイラン」と呼ばれているのと同じ。

もう一つは「ボサ」。
これが、麦芽発酵飲料なんだけど、
ということはビールの仲間?
1%くらいアルコールが入ってるけど、
子供も飲むそうです。

味は、香ばしくて甘くて、
ビールの印象はゼロ。
そういえば、
「ミロ」って麦芽飲料があったよね。

入り口脇から窓辺に、
カウンターがぐるっとあって、
こっちにも朝ごはんを食べている人が。

カウンターには鏡があって、
どこからも店員さんが見えます。
逆に言えば、いつでも見られてます。

それにしても、
明るくて気持ちがいい。
次々とお客さんが来ては、
テイクアウトしたり、
中で食べたりしていました。

店名がないし、
Google Mapにももちろん載ってないし。
住所はここ。
ここの交差点の一角にあります。

Leave a Reply