【旅ごはん|もっちり系のおやつ系】ホイアンの道端で優しくしてもらってうれしい

ホイアンの古都は、
比較的狭いので、
どこにでも歩いて行けるし、
車も入ってこないし、
自転車に注意しておけばいい程度で、
のんびり散策できます。

ほんの道端に、
小さなお店を出しているおばさんがいました。

お昼はとうに過ぎた、
ちょっと落ち着いた時間だけど、
皆さん、なにやら小さな器に入った、
なんだかおいしそうなものを、
おいしそうに食べてて、
幸せそう。

遠巻きに見てたけど、
我慢できなくて、
小さな赤い椅子に座りました。

直径7㎝位の小さい皿を使って作った
何やらプリッとしたものは、
白と黄色の二種類。
そこに、いろいろ乗っけてくれます。

聞いてみたら、
米粉を皿に入れて、
柔らかいお餅みたいに蒸したもので、
白がプレーン、
茶色が砂糖入り。
そこに、
海老をゆっくり煮たもの、
豚の皮を揚げたものをトッピング。

オレンジ色のソースは、
海老を煮込んだ時の煮汁を煮詰めたもの。
ニョクマムベースのたれはサイドに。

プレーンも甘いのも、
大きな違いはなくて、
甘辛好きなら甘いほうがいいかな。

となりで食べてたお姉さんは、
ひとりで6つ食べてました。

そして、そのお姉さんが食べてたもう一つ、
Banh bot loc も食べたくてお願いしました。
鍋に作ったものを、
お皿にとってくれます。

タピオカ粉で作った茹で餃子で、
中身は海老とひき肉。
ハムと、つみれを一緒に。

カリカリの豚の皮とか乗せて、
ニョクマムベースのちょっと甘いたれで。
これも、チュルっとおいしい!

そうそう、
赤い椅子は、
ざるのように編まれたお盆を乗せれば、
赤いテーブルでもあって、
それが、
ホイアンの黄色い街の色にぴったり。

ここのお母さん、
英語も話すし、
調べたら Google Mapに、
ちゃんと載ってました!

Leave a Reply