【旅ごはん|レシピ】フィリピンのイカのアドボ

Adobong Pusit / イカのアドボ

アドボはフィリピンのちょっとした、
炒め煮込み料理。
鶏肉を使ったり、豚肉だったり、
魚だったりを使って、
味の決め手は「酢」

マニラに住む
フードスタイリストのイシさんのキッチンには、
パイナップルやココナッツのビネガーが。
醤油はココナツ印ですが、
ココナツは入ってません。

イカのアドボを一緒に作って、
日本に帰ってからレシピにおこしました。

イカは、
大きなものでも小さいものでもOK。
酢も米酢で作ります。

材料:

いか 250g
植物油 大さじ1
玉ねぎ 1/4カップ みじん切り
しょうが 大さじ1 みじん切り
適量
にんにく 3かけ 潰したもの
ミニトマト 5個 粗みじん
オレガノ 小さじ1/2
ベイリーフ 1枚
唐辛子 1本
60ml
黒コショウ 一つまみ 粗くひいたもの
醤油 30㏄
三温糖 小さじ1
無塩バター 大さじ2 小さなダイス
ナンプラー 小さじ2

 

作り方:

  1. いかの背骨を取り本体と足を外して、1㎝程度のぶつ切りにする。すみとはらわたを取っておく。
  2. フライパンを温めて植物油を入れ、玉ねぎとしょうが、塩少々をいれて、香りが出るまで1分位、中火で炒める。
  3. にんにく、トマト、オレガノ、ベイリーフ、唐辛子、塩一つまみを加え、30mlの水を入れて、すべてが柔らかくなるまで弱火で12~15分煮る。途中で水分が少なくなれば追加する。
  4. 酢と水30mlを加えて中火にし、沸騰したら2分ほどそのまま煮る。
  5. イカを加えて、塩コショウ、しょうゆを加えて、イカが軟らかくなるまで煮て、フライパンから出しておく。
  6. 砂糖を入れて、煮詰まり始めたらバターを加えてよく溶かし全体に混ぜ、5を戻し、ナンプラーを加えて、ざっと沸騰させて火を止める。
  7. 今回は糸唐辛子をのせてみました。

ごはんによく合います。
チキンのタイ風グリルと、
オクラと胡瓜の中華スープと一緒に。

 

コメントを残す