【自宅で旅ごはん|電鍋で魯肉飯】台湾の大同社製の電鍋で優しく作れます!

大同の電鍋で作る魯肉飯。
鍋で作るものと材料は一緒ですが、
出来上がりが優しい感じです。

魯肉飯は、
くず肉を煮込んでご飯にかけたという、
屋台料理が最初のB級グルメ!
台北なら1杯300円とかで食べれます。
日本のお店はどこも高くて、
だったら作ってみようと思うわけですね。

電鍋はその昔、
日本の電機メーカーが台湾で売り始めた炊飯器が。
中に鍋がもう一つ入っていて、
外鍋に水を入れて蒸すようにして、
なんでも優しく味が入ります。

台湾ではご飯だけじゃなくて、
いろんなおかずを電鍋で作るようになって、
ある意味「生き残った」ようです。
日本ではどんどん、
ご飯を炊くのに特化した炊飯器が進化しましたが、
こういう生活に根付いた道具っていいよなぁ。

材料:3人分

豚バラ肉塊 300g
玉ネギ 1/4個(みじん切り)
植物油 大さじ2
干しシイタケ 2(戻して1㎝幅に切る)
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ2
紹興酒 大さじ1
ニンニク 1片(みじん切り)
ショウガ 大さじ1(みじん切り)
五香個 小さじ1
白コショウ 一つまみ
ゆで卵 3個
フライドオニオン 大さじ1
青菜 (茹でておく)
つけもの 適量

作り方:

  1. 豚バラ肉を、8㎜程度の厚さの角切りにする。
  2. フライパンに植物油入れて温めたら、1を入れて表面が色づく程度に焼く。
  3. 豚バラ肉を取り出して、電鍋のうち鍋に入れる。
  4. 紹興酒、しょうゆ、にんにく、しょうが、五香粉、白こしょう、玉ねぎ、干ししいたけと戻し汁、砂糖も入れたら、ひたひたになるように水を加えて、外鍋に180mlの水を入れて蓋をして、スイッチを入れる。
  5. スイッチが上がったらゆで卵を入れて10分置く(ゆで卵はたまに転がして全体に色を付ける)。
  6. 器にご飯を盛り、4をかけて、入れてゆで卵、青梗菜、つけものをのせる。

煮汁をどれだけかけるかはお好みで!

鍋で作るレシピはこちら!

【自宅で旅ごはん|台北】魯肉飯を台北で食べ歩いて作ってみました!

 

コメントを残す