【食べ歩き|大阪でネパール】ダルバート食堂は本格派なのだった!

大阪にある、
大阪は谷町にある、
「ダルバート食堂」に行ってきました。

大阪に出かければ、
あっちこっちにおいしい店があって、
ちょっと地元っぽい通りに行けば、
なかなかなお店があって。

ネパールのご飯がおいしくて、
探した店がこの店でした。
「ダルバート食堂」。
ダルは豆のスープ、
バートはご飯、
ダル・バートはスープにご飯におかずが、
一緒に出てくる普通のご飯。

味噌汁にご飯、それにちょっとおかずと言った、
一汁一菜、一汁二菜見たいな、
そんなプレートです。

てっぺんに並ぶのが山羊のカレー(左)とチキンのカレー(右)。
2時の位置にあるのがダルで、
レンズマメのスープ。
それで、まわりに、
いろんなおかずが並びます。
アチャールと呼ばれる野菜料理とか。

まずは、
ダルをご飯にかけて、
そこからいろんなおかずとミックス。
でも、
全部混ぜるのは、
ネパールでは縁起が悪いんだって。

この山羊のカレーが絶品!
骨付きの肉を使っていて、
山羊のおいしい旨味を感じます。
新鮮な肉を入手していて、
嫌な臭いとかは全くなく。

ぐるりと囲む、
美味しい副菜がいろいろ。
野菜中心で、スパイスが効いてるけど、
辛すぎるということもなく、
おなかが喜ぶ感じ。

厨房との間の棚には、
いろんなスパイスが並び、
ここで旨い具合に、
合わせてながら使っているんだな。
スパイス使いが、本物です。

本場カトマンズの安食堂よりも、
よっぽど洗練された味で、
素材それぞれのおいしさが伝わります。

店内には、
ネパールにまつわるものがいろいろで、
ラフな感じが、
カトマンズの食堂のような雰囲気で。

ヒンズー教徒が多いネパールの、
なんとなくそんな気分が心地いい。

ネパールと言えばね、
やっぱりヒマラヤのおひざ元というか、
カトマンズには登山用品の通りもあるし、
トレッキングから本格派まで、
世界の山歩き好きがやってきます。

ダルバート食堂は、
そんなかっこいい食堂で、
ちょっとした冒険心もくすぐる、
ヤンチャで夢見がちな食堂です。

 

コメントを残す