【食べ歩き|ヘルシンキでシナモンロール】現代美術館のカフェで「Punched」って。

ヘルシンキの街は比較的小さくて、
日本の地方都市、
それも北方のほうなら函館みたいな感じです。

ヘルシンキ近代美術館へ出かけて、
鑑賞前にカフェで腹ごしらえ。
シナモンロールがカウンターに並んでて、
まぁ、これですよね。
クロワッサンもあったけど。

「Punched Cinnamon Roll」ってメニューに。
パンチを入れたってことですが、
真ん中の部分をちょっと押しつぶすからのようで、
他の北欧の国のシナモンロールとは違う、
フィンランドならではの形です。

アイシングをかけることはせず、
パール シュガーを振るのもフィンランド式です。

なかなかシンプルでかっこいい
美術館の建物ですが、
現在改装中だそう。

カフェの内装はこんな感じで、
確かにちょっと90年代っぽいかな。

これ以外のフィンランドのブログはこちら↓
https://bit.ly/3AJSrmL

コメントを残す