【旅ごはん|家庭的な台湾ごはん】女狼的店は上等なお母さん料理が旨いプロの店!

台北駅からメトロで北へ、
有名な士林夜市のある駅で降りて、
バスに乗り換えて10分ほどと、
ちょっと行きにくいような「天雲」へ。
行ってみればなんてことはない、
新興住宅地といった雰囲気の、
清潔感のある街並みでした。

その目的は「女狼的店」。
美味しい家庭料理が楽しめるということで。

入ってみると、
アンティークまたはヴィンテージな、
家具や道具が置かれていて、
アットホームな雰囲気です。

こんなレコードプレーヤーや、
黒電話。
ぴっかぴかにきれいじゃなくて、
趣があります。

壁の黒板には、
おススメの料理が並んでいて、
なんとなくわかるような、
やっぱり実態はわからないような。

普通のメニューのほうには、
日本語もありました。

台湾ビールを飲みながら、
ゆっくり日が暮れる時間を。
早めに入ったので、
まだ人が少なく静かです。

えびとたまごの炒め物は、
ふわふわっとたまごが膨らんで、
大きな海老をくるんでいて、
ちょうどいい塩味で、
味はかなりシンプルなのに、
嬉しいおいしさ。

牛肉とエノキに野菜の土鍋炒めは、
いろんな野菜が入ってますが、
日本からやって来た、
人気のえのきだけがポイントらしい。
口当たりもいろいろで楽しい。

ここで、
ごはんくださーい、
で、オンザライス。
こういうのって、
ほんっと、ご飯に合うあう。

さつまいもの葉っぱの炒め物は、
癖がなくって食べやすい。
こちらもシンプルで優しい味。

すずきの葱油かけは、
きっちりと下準備されていて、
上品な味わい。

お客さんがどんどん増えて、
やっぱり大家族で来ているテーブルが多いな。

階段から下を見ると、
ちょっとごちゃごちゃしてていいんだな。

学生も多い地域で、
若い人たちのグループも。
店員さんもたぶんバイト。

表に出るともう夜。
表にもテーブルが出ていて、
なかなかの賑わい。

なにしろ、
派手じゃない味だけど、
なんだか幸せになるご飯。
家庭的なお母さんの味。
お母さんの味のプロが作る店!
一回行く価値あります!

 

コメントを残す