【自宅で旅ごはん|レシピ】ポルトガルの塩だらのフリット

ポルトガルと言えば、
鱈を干した「バカリャウ」を使った料理がおいしい。
水で戻せばふっくらと、
そしてうまみが増した干し鱈は、
生の鱈よりおいしいと感じます。

リスボンから北へ、
電車で3時間のポルトで、
バカリャウのフリットを食べました。


ふわっとした食感、
丁度いい塩加減、
カラッと揚がった衣も、
おいしいかったなあ。

日本では、
バカリャウは手に入りにくいので、
塩だらを使って作ります。

レシピ:ポルトガルの塩だらのフリット(20分)

材料:4人分

塩だら 4切れ
小麦粉 大さじ2
たまご 2個
大さじ2
玉ねぎ(みじん切り) 小1個
パセリ(みじん切り) 大さじ2
揚げ油 適量

作り方:

  1. 小麦粉、たまご、水をボールにいれて混ぜ合わせる。
  2. 塩だらを一口大に切り1のボールに入れて、玉ねぎ、パセリを加えてよく合わせる。
  3. 揚げ油を180度に温め、2の鱈をきつね色になるように揚げる。

鱈がよく出回る冬にぜひ。
魚は火が通りやすいので、すぐ揚がります。

ポルトで食べたおいしいものは、こちらに↓。

【旅ごはん|ポルトで食べた伝統的料理】ジャンクから正統派まで!

 

Leave a Reply