【旅ごはん|ビックリなおやつ文化】フィリピンは一日8食

フィリピンでは、
一日8食食べる人もいるって。
Meryenda メリエンダは、
間食という意味だけど、
いろんなMeryendaがあって、
なかなかおいしいんです。

その中から、
食べておいしかったのを3つ!!

Bibingka=ビビンカは米のパンケーキ。
バナナの葉に乗せられたビビンカは,
モチモチの食感。
シロップに塩気のあるチーズで、
甘しょっぱくておいしい。
白いのはココナツで、
一緒に食べると爽やか!

Dinuguan=ディナガランは牛肉の煮込み。
その煮込みのベースには豚の血を使ってます。
このお店朝行ったんだけど、
せっかくなんで食べます。
血の臭いはもちろんしないし、
コクがあっておいしい。
Puto=プトという米粉を使った小さな蒸しパンを、
中に入れて一緒に食べます。

Halohalo=ハロハロは、
夏になると日本でも、
ミニストップで販売されるけど、
ハロハロとはタガログ語で、
「混ぜこぜ」という意味。
色とりどりのゼリーに、
かき氷を重ねて、
紫色のウベのアイスクリームが乗ってます。

Signpostに、詳しい記事を書いてます!

https://newsphere.jp/signpost/20190527-1/
Signpostは、NewSphere のフード&トラベルセクションです。
世界と繋がるミレニアル世代に向けて、
世界の食文化と体験、暮らしぶりを紹介するメディアです。

今回食べに行ったのは、
The Aristocrat Restaurant。
地元のファミレスチェーンです。

 

Leave a Reply