【旅歩き|パシュパティナート】ネパールの火葬場で

いつか昔にテレビで見たのが、
カトマンズの火葬場。
誰かタレントが、
「ここは生と死が近い」とか、
言ってたんだった。
その時は、
なんだか異教だなって思ってたけど、
それを自分で見たくて、
「パシュパティナート」へ。

街の外れにあるその火葬場へは、
中心部から歩いて1時間ほど。
バスに乗ってもよかったけど、
歩いた。

入り口を入ると、
正面にヒンドゥー今日の寺院があって、
そこは信者しか入れない、
神聖な場所。
それを回り込むように川へ向かう。

橋の左の川岸には、
火葬するためのプラットフォームが並んで、
そのいくつかに、
炎が上がってた。
泣き崩れている女の人もいた。
で、
反対の川岸には見物人。
友達と一緒に来てたり、
カップルがいたり、
観光客もたくさん。

橋がかかるのはバグマティ川で、
下流でガンジス川につながるんだって。

川の右の岸には
火葬の前に、
この川の水で、
ご遺体を清めてた。

こちら側にも、
火葬のプラットフォームがあって、
ご遺体はそこに運ばれて、
火葬が始まった。

その一部始終を、
みんなで眺める。
神妙な感じでもなく、
ふざけるようなこともなく、
淡々と自然に。

この日は、
妹のようにしてた、
大事な友達の一周忌。
あぁ、死んじゃったなぁ。
でも今でも
この世界の一部なんだなぁと。
なんとなく、
喪が明けたってこういうことかなってね。
ずっと忘れないけどね。

Leave a Reply