【旅ごはん|コンチネンタルな朝ごはん】パリのバスティーユで

バスティーユの安宿の部屋は4階で、
エレベーターもなく、
階段は狭く。
でも、パリって、
こんなだったなと。
ずっと前からね。

バスティーユは、
学生も多いし、
そばにはこじゃれたマレ地区もあるし、
なんとなくウキウキする感じで。
朝起きて、
カフェを探して、あさごはん。

明るくて気持ち良さそうなの、
見つけました。
Paul et Rimbaud は、
窓が大きくて、
中には緑がたくさん。

ほんと、
絵にかいたようなコンチネンタルっぽいけど、
自家製のグラノーラがこだわりで、
チョコチップが嬉しい甘さ。

お母さんと娘さんの二人で、
去年オープンしたばかり。
平日は朝9時から夜7時まで、
週末は朝11時から夜8時まで。
義理の息子さんは、
日本人だそうです。

 

Leave a Reply