【食べ歩き|日本最古の居酒屋】神田の「みますや」で旨いもんで呑む

日本最古の居酒屋、
明治38年創業の「みますや」。
神田にあります。

居酒屋ならやっぱり、
日本酒を徳利で。
デザインがぽいなぁ。

夕方5時にオープン。
いきなり満席になるという盛況ぶり。
ランチには定食もあるそう。

第一の目当てはどじょう。
柳川鍋で。
丁寧な仕事らしく、
骨や泥を全く感じず、
どじょうの旨さがしっかりわかる。

それと、馬刺し。
こっちが赤身です。
高たんぱく低カロリーっていうからヘルシーだけど、
もちろん食べたらすっきりおいしい。

こっちがサシがはいったもの。
馬の油ってどうかと思ったけど、
以外にもうまみたっぷり。

お目当て3つ目はあなごの煮付け。
ふっくらとした身に、
甘さ控えめの味付け。
やっぱりこういう風だと、
あなごそのものの味がよくわかる。

ふと天井の暗がりに、
立派な神棚が。
こういうのって、大事だなと。

そしていろいろ食べました。
茹でたなす、いんげん、
まぐろ、さば、
鰺フライ、げそ揚げ。
どれも旨い。
4人くらいで出かけるといい量かな。
ひとり5000円位で堪能できます。

Leave a Reply