【自宅で旅ごはん|レシピ】デンマークの鱈のタルタル

日本人て魚を食べる。
というのは日本人も、
他の国の人もそう思っている。
その通りである。

北欧の国々も、
周りを海に囲まれてるので、
海産物が豊富でおいしいから、
よく食べています。
もちろんデンマークでも。

そして、北の海なので、
蟹やエビ、サーモンに鱈と、
北の湖のおいしいものがおいしいわけです。

コペンハーゲン

コペンハーゲンの古い運河、
ニューハウンには小さな船が停泊していて、
釣りにでも行きたくなるような雰囲気。
なるほど、
バイキングが北海を我が物顔で航海してたという、
そういう国なんだなぁ。

コペンハーゲン

そしてこちらが人魚姫。
世界三大がっかりの一つともいわれてます。
あとはシンガポールマーライオン、
ブリュッセルの小便小僧です。

それでもSNS好きなお嬢様たちが集まって、
キャーキャーと。
こういうのは世界共通ですね。

レシピ:デンマークの鯛のタルタル

今回はそんなデンマークの、
鯛のタルタル。
タルタルと言っても、生じゃありません。
フライパンで焼くので、
鱈のハンバーグ風のような。
簡単です。

鱈のタルタル

材料:2人分

ビーツ 425gの缶詰1個
梅酢(なければ酢なんでも) 大さじ3
ブラウンシュガー(三温糖でも、なければ白糖でも) 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
200g
塩・コショウ 少々
小麦粉 小さじ2
牛乳 小さじ2
強力粉 適量
ベーコン(長さ20㎝のもの) 2枚(薄切り)
ルッコラ 適量
ブロッコリスプラウト 適量

作り方:

  1. ビーツは缶から出して水を切り、鍋に入れて梅酢、ブラウンシュガー、オリーブオイルを加えて、弱火で水気がなくなるまで煮つめる。
  2. 鱈の皮と骨を取り、3㎜程度の角切りにする。
  3. 2をボールに入れ、塩とコショウを振ってよく練り、小麦粉と牛乳を入れて、切った身がくっつくようになるまで更に練る。
  4. 3を2等分して、直径8㎝位の薄い丸型に整えて表面に強力粉を振り、冷蔵庫で20分ほど冷やす。
  5. ベーコンを1/4の長さに切り、フライパンを熱して縁がカリッとするまで焼いて、取り出しておく。
  6. 5のフライパンをキッチンペーパーで拭き、オリーブオイル(分量外)を入れて、4を置いて中火で4分焼き、焼き色がつけばひっくり返してさらに3分焼く。
  7. 皿に1のビーツを敷き、6と、ベーコン、ブロッコリスプラウとをのせて、ルッコラを飾る。

ポイント:

  • なるべく新鮮な鱈を使います。
  • 塩鱈なら、塩の量を調整してください。
  • やっぱりきりっとした白ワインが合います。

コペンハーゲン

北欧って言ったら白鳥がいて湖で、みたいな。
で、この市内にある湖は、
かなりのんびりした感じでした。

 

Leave a Reply