【旅ごはん|ワンタン麺】香港・九龍の住宅街に出かけました

香港・九龍というと、
昔は九龍城があって、
怪しい人たちが、
怪しい建物にわんさか住んでいたというのは、
もうずいぶん昔の話。

CheungShaWan

おいしいワンタン麺があると聞いて、
九龍のショッピング街から北へ、
長沙灣という高層マンションが立ち並ぶ、
住宅地へ出かけました。

CheungShaWan

それでも、
地下鉄の駅を出たあたりは、
昔からの建物が並んで、
商店街が広がってます。

そこにあるのが、
坤記竹昇麵・Kwan Kee Bamboo Noodleです。

漢字の「竹昇麺」って、
自家製麺を竹を小手のようにして、
ぐいぐいと練るやり方で作ってる、
ということのようです。

KwanKeeBambooNoodle

4種のダンプリング入りヌードルをいただきました。

豚肉のワンタン、
魚卵が入ったワンタン、
蟹が入ったワンタン、
それに水餃子。
菜の花はシャキッと、
それに黄にらが優しく存在感がある香り。

スープはクリアで、
ほんのり甘みを感じる旨味がいい。

KwanKeeBambooNoodle

店内はごくごく普通の、
香港の食堂と言った感じ。
お昼時を過ぎていたので、
地元のご老人と、
ヨーロッパからの旅行客が二人。

市街地からちょっとだけ外れた場所にありますが、
行ってみる価値はありますよ。

Leave a Reply