【自宅で旅ごはん|レシピ】ブルガリアの冷製ヨーグルトスープ

ブルガリアを旅したのは7月の初め。
梅雨の日本を抜けだしたら、
首都ソフィアはもう真夏の暑さ。
内陸性なので夜は涼しくても、
日中は気温が上がります。
でも湿気がないので過ごしやすい。

そこで美味しかったのが、
冷たいヨーグルトのスープ、
Tarator タラトール。

きゅうりも体を冷やしてくれるし、
ディルの爽やかな香りが、
ヨーグルトに合います。
ニンニクも入れるので元気になるし、
クルミもうれしい。

Tarator

夜になって、
涼しい風が吹き出したころ、
街の様子を取りに出かけました。

Sofia

日の入りは夜の9時ごろ。
東方正教会はピンクに染まって、
鐘楼に夕日がさしていました。

Sofia

イスラム教のバニャ・バシ・ジャーミイでは、
ちょうど祈りが終わったころで、
信者たちが通りに出てきました。

Sofia

そこからすぐそばに、
ユダヤ教のシナゴーグがあります。
こちらは静かに眠りについたようでした。

Sofia

東方正教会の聖ネデリャ教会も、
美しくライトアップされて、
囲む木々の緑も美しい夜です。

Sofia

すぐそばに、パンケーキの屋台が。
アイスクリームもあって、
夜歩きの締めにいいかな。

 

レシピ:ブルガリアの冷製ヨーグルトスープ

Tarator

材料:二人分

ヨーグルト 250ml
150ml
にんにく 1/2かけ
くるみ 大さじ2
少々
オリーブオイル 大さじ1.5
ワインビネガー 小さじ1
きゅうり 1本(5㎜の角切り)
ディル 大さじ2(みじん切り)

作り方:

  1. ヨーグルトと水を泡立て器でよく混ぜる。
  2. にんにくとくるみ(大さじ1)をすり鉢ですり、塩とオリーブオイルを入れて混ぜる。
  3. 1に2ときゅうり、ディル(大さじ1)を入れて混ぜ合わせるたら、冷蔵庫に入れてよく冷やす。
  4.  2つのスープ皿に注ぎ、ディル(大さじ1/2)とくるみ(大さじ1/2)を砕いてを振る。

ヒント:

  • ニンニクとクルミはすり鉢でなくフードプロセッサーを使うと簡単です。
  • 暑い夏ならよく冷やすとおいしいです。
  • あまりにんにくが気にならないのはヨーグルトのおかげです。

Tartar

Leave a Reply