【自宅で旅ごはん|レシピ】ポルトガルのチキンのクレイポット

ヨーロッパ料理の中でも、
材料や手順が複雑なのはフランス料理。
その他の国は、
もっとシンプルな料理が多いかな。

クレイポットに材料を入れて、
あとはオーブン任せの、
「チキンのクレイポット焼き」も、
とっても簡単です。

さて、リスボンの街の中心は低い土地で、
南のテージョ川に続いて、
東・西・北はちょっとした丘陵。

街のど真ん中にあるのが、
「サンタ・ジュスタのリフト」。
低い土地と高い土地を繋ぐ、
公共のエレベーターです。
しかも、エレベーターだけの建造物で、
ビルの中とかじゃないんです。

1902年にできたので、
もうかなりのおじいさんですが、
まだまだかっこいいな。

2度目のリスボンは去年の春。
夜中に着いて、
ホテルのそばのバーへ。
目当てはビールと鰯の炭火焼。
軽く塩を振って焼いただけ。
こんな鰯のおいしい食べ方を知ってるなんて、
日本人と味覚が近いのかも。

今回のレシピは、
チキンの素材の旨さが嬉しい、
オーブン料理。
焼いた香ばしさと、
煮込んだスープの旨味が、
両方楽しめます。

 

レシピ:ポルトガルのチキンのクレイポット

材料:二人分

鶏もも肉 2枚(500g~600g)
白ワイン 大さじ2
小さじ1/2
こしょう 適量
ベーコン 60g(5㎜位の短冊切り)
ラード 20g
ブランディ― 大さじ2
ポートワイン 大さじ1
小玉ねぎ 6個(皮をむいておく)
オリーブオイル 大さじ1
イタリアンパセリ 適量(ちぎっておく)

作り方:

  1. オーブンを200度に温めておく。
  2. 鶏肉はキッチンペーターで水けを取り一口大に切り、白ワイン、塩、コショウを振って10分置く。
  3.  耐熱鍋に、ベーコン、ラード、ブランディ―、ポートワインを入れ、鶏肉と小玉ねぎをのせて、蓋をせずにオーブンに入れ30分加熱する。
  4. 3の全体を混ぜて、さらに20分加熱する。
  5. オーブンから出して、塩(一つまみ~二つまみ)・こしょう(分量外)で味を調えて、オリーブオイルを回しかけ、蓋をし20分放置する。食べる前にイタリアンパセリをふる。

ヒント:

  •  耐熱鍋はオーブンで使用できるクレイポットを使えば、そのままテーブルに出してサーブできるのでおススメ。なければ、オーブンOKの鍋、キャセロール用のカラス容器などで。
  • ラードは豚の油。余ったら炒め物などに使うと旨味が増えます。ラードがなければ、植物油大さじ1で代用しても大丈夫です。
  • ワインならあまり辛くない白がおすすめ。

Leave a Reply