【自宅で旅ごはん|ポルトガル】たら・ぶた・あさりに、たこごはん!

ポルトガル料理は、
手順が簡単だったり、
そんなに特別な材料が必要なかったりで、
気軽に作れるものが多い。

Portugal

タラのフリットを前菜に。
何しろ天ぷらを教えてくれた国、
おいしいわけです。

小麦粉大さじ2、
たまご2個、
水大さじ1
でバッター液を作って、
みじん切りの玉ねぎとパセリ、
一口大に切った鱈(4切れ)を混ぜて、
180度の油で、色づくまで、
でもパセリが焦げないとこまで、揚げるだけ!

塩をぱらっと振って食べます。

Portugal

よく作るこれ!
豚肉400gを一口大に切って、
ハリッサ(唐辛子とニンニクのペースト)に2時間漬けて、
土鍋にラード大さじ1を入れて、火を通したら、
アサリを入れて蓋をして、
殻が開いたら出来上がり。
イタリアンパセリとか、
赤蕪とかで飾りました。

ハリッサの塩味で味が決まります。

Portugal

たこごはんは、炊きこまないんです。
玉ねぎとニンニクを弱火でよーく炒めて、
切ったたこといっしょに鍋に入れて、
かぶるくらいの水、
クローブ3個、ローリエ1枚で、
軟らかくなるまで煮たら、
煮汁とタコを分けて、
もう一まいのローリエと大さじ2の白ワインと、
その煮汁で、ご飯を炊きます。

`炊けたらタコを戻して、
パクチーを好きなだけ。

クローブの味が異国感のもと。
タコたっぷり500g、
ごはん少なめで1.5合で。

リスボンの街を、
縦横につなげるいくつものトラムの路線。
23番は、多くの観光スポットを巡ります。
小雨の中、
学校から帰る子たちが、
トラムの外側にへばりついて、
フリーライダー。

Leave a Reply