【旅ごはん|豚首肉のスモーク】ルクセンブルクの名物料理

ルクセンブルクは、
フランスとドイツ、ベルギーに囲まれた、
ほんの神奈川県ほどの広さの国で、
そこに人口が58万人弱。
ちなみに、
神奈川県は930万人です。

旧市街は断崖で囲まれて、
自然の要塞。
侵略とか、攻撃を受けがちだけど、
こんな小さいのに、
しっかりとみんなまとまった国です。

旧市街のお昼時、
落ち着いたレストランに入ってみると、
地元の皆さんたちでテーブルがいっぱいでした。

Café-Restaurant Um Dierfgen
は狭いけど、
2階もあって思ったより広い。
ファイナンス系、
はたまたEU系のビジネス系の
おじさま、おばさま系がほとんど。

ウェイターに、
ルクセンブルグならではのものを聞くと、
これだということで、
Judd mat Gaardebounen。
豚の首肉をスモークしたものです。
とはいえ、ハムで、
ちょっとねっとりしたジャガイモにもベーコン。
小さめのソラマメは皮つきで。
スープも、ソラマメ。

全くびっくりしない、
予想通りの味でした。

質実剛健で、まじめな感じがする、
ルクセンブルクの印象そのもの。

なにしろ高低差があるんで、
いくつか無料のエレベータがあります。
これはパノラマで、
景色とちょっとしたスリルを楽しめます。

エレベーターを降りれば、
川沿いにも街が広がって、
引き続きのんびりとした風景でした。

 

Leave a Reply