【旅|クロアチアの古いリゾート】オパティアのビーチでビール

その昔、19世紀の後半には、
オーストリアの貴族たちが訪れたリゾート。
オパティアには、
共産圏時代を生き延びた古いホテルに、
ちょっとしたレストランが立ち並んでいて、
なかなか渋い!

街の中心、
ちょっと高台にあるこのホテル。
かなり古い建物で、
リノベーションされていないので、
そんなホテル好きにはいいかも。

もしかしたら、
旧共産圏だったからこそ、
こんな風に昔のままなのかな。

夕方のビーチは、
まだまだ遊び足りない子供たちが走り回ったり、
のんびりと散歩する老夫婦がいたり。
静かで、とっても平和な雰囲気。
向こうがイタリアと言われても、
ちょっとピンとこないけど。

梅雨のない気候なので、
6月のこの時期はもう夏。
まだ少し冷たい海だけど、
もうヴァケーションなんだなぁ。

クロアチアのビールと、
ツナのサラダで軽い晩ごはん。
オリーブオイルにバルサミコ、
塩・胡椒がどのテーブルにも合って、
自分なりの味付けで。
ドレッシングがないのが、どこも普通だった。

バルコニーからは、
アドリア海が見えて、
翌朝は、鳥の声で目が覚めて、
気分爽快。

この日はボスニアヘルツェゴビナへ向かうのだった。

 

 

 

Leave a Reply