【徒然|弁当】日本人でよかった!

日本のお弁当文化は、すごい。
こんなに成熟したお弁当文化は、
世界でもあまりありません。

インドのお弁当は、
映画になったほどで、
奥様が朝作ったものを、
旦那様の働き先に配達する業者がいたり。

イギリスでは、
家族のそれぞれが、
パンにジャムを挟んだだけのものを、
紙に包んで持って出たり。

会社勤めをしていた頃には、
たまにお弁当を詰めていきました。
最近は食べたくなれば、
自宅のお昼に、
わざわざ弁当箱に入れることもあります。

そういえば、
台湾の新幹線「高鐵」に乗ったとき食べた、
排骨飯弁当
車窓を眺めながら食べて、おいしかったんです。
それを再現してみました。
違うのは、タマゴが鶏のもの。
本当はアヒルのタマゴです。

航空会社の機内食の器が、
いくつかうちにあって、
そのうちの一つ。
シンガポール航空のものに、
黒小豆の玄米にどーんと南高梅の梅干し、
きんぴら、サバにまる天のチーカマ、
それにちょっとだけ搾菜。

あったかい味噌汁があれば、ごちそうに。

通った保育園は毎日お弁当。
ごはんの上に、
鶏そぼろと、炒り卵、インゲン煮をのせた、
三食弁当をだったとき、
園で開けておかずがないと泣いたそうです。
そして、先生がおかずを分けてくれたそうで、
小さい時から、食い意地が。

これは、焼きキャベツサンド。
キャベツの千切りだと水分が出るので、
ザクっと手でちぎったキャベツを、
フライパンで焼きます。
あとはハムにチーズ。

今年の春に作った花見弁当。
とっても、簡単。
すし飯に、小さくしたクリームチーズを入れています。
それに、サーモンとキュウリ。
重箱に詰めるだけで高級な感じになります。

いい季節には、
お弁当を持って出かけてみようと思います。

Leave a Reply