[Toronto 2016] 久しぶりにポーランド料理を食べる

2016年5月には、ポーランドにいました。
それまでは、イモやタマネギ料理かと勝手に想像していたのですが、
実際、おいしいものがたくさん。
特に、餃子のようなピヨロギがうまかったのです。

そして、この年秋、トロントのポーランド人街へ。
中心部から西へバスで15分ほどのロンスバルズ ビレッジです。

ポーランドのスーパーマーケット。

ポーラン人向けの旅行会社。

ポーランド人向けの薬局。

その名も、ショパンレストラン。
などなど、町中がポーランド語。
ポーランド語で話している、ポーランドから来た人達も多くて、
中華街のような商業的な場所というよりは、
たまたまポーランド人が集まっちゃったといった様子です。

ランチに、ポーランドからの移民と移民の家族が集まる、
カフェ ポロネーゼに行きました。

ポロネーゼはフランス語で「ポーランドの」ですが、
ポーランド風の音楽の名称でもあります。

久しぶりのタイスキー。
ポーランドの国民的ビールは、
コクがあってキレがあってうまーい。

ビーツのスープ、ボルシチ。
キノコのUszlkaが入っています。
水餃子ですね、ほぼ。

ワルシャワで食べたのはこちら。

シュニッツエル(ポーランド語でSznycel)は、
フルサイズだとかなり大きいので、
パンにはさんだものにしました。
これはテッパン。
ピクルスがダイナミックで程よい酸味でした。

Leave a Reply